友達に投資を布教するときに使う記事

阿久澤です。
この記事は、友達に投資を布教するときに使う記事です。

あくざわ

ざっくり要点だけまとめました

目次

阿久澤は何に投資しているの

あくざわ

・世界の株価に連動する投資信託:80%
・日本の個別株:15%
・生活用の日本円:5%

だいたい投資信託に投資してます。
(日本の個別株は遊び枠です。好きな企業の株を株主優待目当てで買ってます)

そもそもなぜ投資するの

あくざわ

①お金を増やすため
②リスク回避のため

①お金を増やすため
世界の株価は長い目で見れば右肩上がりです。(※短期的にはちょくちょく暴落します)
しばらく使わないお金を世界の株価に投資しておけば、そのうち増えているでしょう。

②リスク回避のため
もし投資せずに日本円で貯金だけをしていた場合、円安がもっと進んだら貯金の価値が減ります。
自分の資産を円安が進んだときに儲かるものに変えておけば、円安のリスクをカバーできます。
※私が買っている投資信託の中身は、90%以上が海外通貨になっているので、円の価値が落ちるとその分円換算の評価額が上がります

(資産を世界の株価の平均に連動する投資信託にしておくと・・・?)
・円高→将来もらう給料の価値が上がる
・円安→手元の資産の価値が上がる

何に投資すればいいの

あくざわ

世界or米国の株価の平均を買える投資信託

私はeMAXIS Slim 全世界株式っていう投資信託を買ってます。
手数料が安いのでおすすめ。
それ以外にもいろいろあります。手数料が安いやつがおすすめ。

どうやって投資すればいいの

あくざわ

楽天証券でNISA申し込んで、積み立て投資の設定をすればOKです

①楽天銀行と楽天証券(NISA)の口座を開設し、楽天カードを作る
②積み立て投資の設定をする(全世界株式の投資信託、毎月の給料の何割かを入れておけばOK)
③忘れる

以上。
詳しいやり方はYoutubeにいっぱい載ってます。
「楽天 NISA 始め方」とかで探してみてね。

参考

あくざわ

ちゃんとした考えが知りたいときは、以下の記事・本を読むのがおすすめです。

普通の人が資産運用で 99 点をとる方法とその考え方
敗者のゲーム

おわりに

あくざわ

以上です。
間違ってるところもあるかもだけど、自分はこの通りの理屈でやってます。
若いうちに始めた方が有利らしいので、興味あったら試してみるのがおすすめです。

蛇足

あくざわ

当たり前ですけど損することも多いです

好きな企業の株(食品メーカー)を買って、一か月放置したら・・・!
悲しい😢

補足

Q.NISAって何?

A.投資で得た利益に対して税金がかからない口座のこと。

例:100万円の株買って、200万円で売れました!
普通の口座だと→税金が20万くらい取られる、手元には180万しかもらえない
NISAだと→非課税なので、手元に200万そのままもらえる

SNSでよくNISAだから安心とかコメント見るけど、そんなことないです
NISAは投資の利益に対して税金がかからなくなる仕組みです。利益が出ることを保証する仕組みではない

Q.iDecoもやった方がいいの?

A.給料高いならやってもいいんじゃないのかな。僕はやってないです。

iDecoの強さ→投資で得た利益に税金がかからない+所得控除
デメリット→60歳まで払い出しできない

所得控除について
・年収300~400万くらいだと所得に対して20%の税金がかかる
・idecoを年間24万やると、年間24万の所得控除=年間4.8万税金が浮く

なので、

  • お金にものすごい余裕がある
  • 60歳になっている自分がイメージできる

とかならやってもいいんじゃないのかなーと。
僕はもうちょっと手元で自由にできる資産を増やしたいのと、まだそんなに先のこと考えられないので先伸ばしにしてます。

(あとiDecoだけは自分が勤めている企業の経理担当に書類をいろいろ書いてもらわなきゃいけない。これを言いづらくて先延ばしにしてるのが理由としては一番大きいな・・・)

Q.手数料安いやつで大丈夫? 高い方が実績あるんじゃない?

A.安いやつで大丈夫。手数料が安い方が実績がある(儲かる)。

すごい雑にまとめると、投資信託には以下の二種類がある。
・手数料が安い投資信託:インデックス投資(市場平均に連動)
・手数料が高い投資信託:アクティブ投資(プロが自分で考えて儲かるように運用)

過去のデータによると、アクティブ投資はインデックス投資よりも成績が悪い。しかも手数料が高い。

多数の調査スタッフを雇い、膨大な資料を駆使して、長年にわたりファンド選択を業としてきたコンサルティング会社も、一般的には成功していない。彼らが最善を尽くして選んだファンドの成績も、平均的には市場平均に負けている。

チャールズ・エリス. 敗者のゲーム〈原著第6版〉 (日本経済新聞出版) (Kindle の位置No.1970-1974). 株式会社 日本経済新聞出版社. Kindle 版.

Q.市場平均ってどういうの?

A.日本だと日経平均株価。
アメリカだと、S&P500(アメリカ大きな企業500社まとめ)とか、NASDAQ100(アメリカ頭良さそうな企業100社まとめ)とかがある。

Q.市場平均に連動する投資信託ってなに?

A.市場平均が100円上がったら、その投資信託の値段も100円上がる投資信託。(裏側ではちゃんと連動するようにプロが頑張ってる)

最近は米国or全世界の市場平均に連動する投資信託を買っておくのがよくおすすめされてる。僕は全世界のを買ってる。

この記事を書いた人

阿久澤です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次